キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 日本とアメリカの歯医者事情 : 横浜の歯医者セオリー

日本とアメリカの歯医者事情

横浜で歯医者を探すといくつか銀歯ではなく、しろいかぶせものをしてくれるところがあります。

横浜の歯医者セオリーmain画像

日本とアメリカの歯医者事情

日本とアメリカとでは、歯のケアの仕方が全然違います。

例えば、歯を治療したあとの対処法について比較してみましょう。

小さい頃や、簡単な虫歯の場合は、白いかぶせ物をして虫歯を削ったところを埋めます。

これはどこも一緒でしょう。

しかし、虫歯が大きくなるにつれ、あなたの歯から削りとる分も多くなってきます。

そんな時、日本ではどうするかというと、白い詰め物はもうしません。

日本では、虫歯の部分を削ったあと、銀歯をつけます。

それも、すぐにどんどんつけていきます。

虫歯が多い人は、歯を開けると銀歯がたくさん見えます。

それがすでに普通になってしまったため、日本では銀歯があってもそこまで変な顔では見られません。

参考記事⇒【保険vs自費!白い被せものの違いは何?

しかし、アメリカでは違います。

アメリカでは、歯医者に行くと削ったら白いかぶせものをします。

歯をなるべく白く見せたいという思いが強いアメリカ人は、銀歯を使うことはなく、白いかぶせものをつけてくれます。

これは大変普通のことで、アメリカのどこの歯医者に行っても同じような対処法をされます。

日本の横浜に行くと、歯医者を選べば大きな虫歯の治療でも白いかぶせ物をしてくれます。

ですが、横浜だけではなく、日本は全国的にあまり白いかぶせものを使おうとはしません。

白い歯がいいと思っているアメリカと比べて、日本人は銀歯でもいいのでしょうか。

この違いが文化の違いなのかもしれませんね。

皆さんは、銀歯と白い歯、どちらがいいですか?

Copyright www.businexthome.com.All Rights Reserved.

当サイト(横浜の歯医者セオリー)の記事・画像などの無断転用を禁止します。